FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  津具城① ~ 信玄を待つ

津具城① ~ 信玄を待つ

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年10月23日、お城仲間のMさんと津具城に行ってきました。

 de 027

 愛知県北設楽郡設楽町津具小学校東方約1キロに、麓バス停があります。

 日本城郭全集によると、土豪後藤善心が築城したとのことです。

de 028

 バス停に、川を背負って、山を見上げて立つと、右側に林道の入口があります、行って見ましょう!

 1560年、桶狭間の戦いで今川義元が亡くなると三河は乱れ、後藤善心は甲斐の武田信玄に心を寄せるようになりました。

de 029

 数分登ると左側に小さな砂防ダムがあり、ここから登るようです。

 しかし、1562年、今川氏真の手兵により屈服させられてしまいました。当時、後藤善心は白鳥山のフモトに居館を置くだけだったので、外敵には弱かったのです。

 そこで善心は、新たに天険の山上に津具城を築き、後日に備えました。

de 030

 道はありません。直登です。

 1568年、武田信玄が駿河侵攻を果たすと、後藤善心も再度、武田を頼るようになりました。
 しかし、武田信玄は、北条氏政の敵対で、翌1569年、一時、甲斐へ引き上げてしまいます。

de 031

 先人がお茶目な目印を残してくれていました。この方向で間違いないようです。

 間隙を縫うように、同年、徳川家康配下の奥平信光が攻め寄せ、夜襲を受けた津具城は落城し、後藤善心は討ち死にしてしまいます。善心は待ちわびた信玄がこの地に来るまで、持ちこたえることが出来なかったのした。

 何気に技巧的へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
信玄さんも大変・・・
りゅう様 ご来訪ありがとうございます。

 津具城も、亀ヶ城も、大変な山の中ですよね。
 下伊那から山道を進んでたどり着いたのですが・・・
 ドライブ好きをの私が・・ もう、運転したくない!
 視界の開けぬ谷底の狭くて、クネクネした道が延々と・・・
 信玄さんもこんな道を通らなければ三河方面へ出れなかった
んだな~と思うと、地形的制約って大きいな~
 信玄さんも大変だったな~
 信玄さんももっと交通の便が良い土地に生を受けていたら、
もっと活躍できたのにな~と、考えてしまいました。
 古宮城は、本当に土の芸術ですね。
 価値観を共有できる方に巡り合えて、嬉しいです。
 今、茨木県小幡城のお絵かきをしているのですが、こちらも
勝るとも劣らぬ芸術です。
 今から、アップの日が楽しみです。

 それでは、良きお城ライフを!

> さっきカキコした田峯城に向かうつた途中、麓ってバス停なんか記憶あるなぁ 津具ってどっかで見た地名だった気が…検索したら五遁さんのが出ました!かなり内陸まで爆走ドライブしたんですが、田峯は迂回しようとしても通らなきゃいけず、要衝だったんだなと。帰り道に全く同じ林道入口を見つけましたが既に夕方だったので諦めました。すごい所に来ておられましたね。今名古屋にいるんで行けましたが、関東からでは相当大変だったかと。亀ケ城ってのも横を通りましたが五遁さんレポートを見て満足しました。やはり僕の中での土の芸術ナンバー1は未だに古宮城ですね〜このサイトに出会わなければ見ることも行くこともありませんでした。日々感謝です!
さっきカキコした田峯城に向かうつた途中、麓ってバス停なんか記憶あるなぁ 津具ってどっかで見た地名だった気が…検索したら五遁さんのが出ました!かなり内陸まで爆走ドライブしたんですが、田峯は迂回しようとしても通らなきゃいけず、要衝だったんだなと。帰り道に全く同じ林道入口を見つけましたが既に夕方だったので諦めました。すごい所に来ておられましたね。今名古屋にいるんで行けましたが、関東からでは相当大変だったかと。亀ケ城ってのも横を通りましたが五遁さんレポートを見て満足しました。やはり僕の中での土の芸術ナンバー1は未だに古宮城ですね〜このサイトに出会わなければ見ることも行くこともありませんでした。日々感謝です!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード