FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  小長井城③ ~ 精緻! 重ね馬出し

小長井城③ ~ 精緻! 重ね馬出し

小長井城の第3話です。

de 001

イメージ図の2枚目です。
東から見ました。左半分が現実、右半分が妄想です。
現在、小長井城には、南東に「重ね馬出し」があります。そして、現状は消滅していますが、昭和の頃まで北東にも重ね馬出しがあったのだそうです。だので、妄想にて、復元描写してみました。もし、こんな感じであったなら、武田系縄張りの究極型とも言える技巧性です。

 敵は「あ」や「い」から、角馬出しと、丸馬出しの攻略にかかることでしょう。そのとき、「う」から伏兵を出し、背後を突きます。そして、押されたふりをして、敵軍を「え」から「お」の方向へ引き込みます。敵が充分に引き込まれてから、鉄砲の一斉射撃を行い、各小口から、兵を突出させれば、敵兵は袋のネズミとなり、討ち取られるか、断崖から転落するかのどちらかを選ばざるをえなくなります。

de 139

 さて、現実に戻って、長土橋です。

 敵が直接、本郭へ攻め入るのを防いでいます。

de 138

 長土橋から本郭の土塁を撮影しました。

 神社の建設により一部消滅しています。

de 140

 長土橋を進むと、丸馬出しが見えてきました。

de 141

 中央が三日月堀で、右が丸馬出しです。見事な曲線です。

de 154

 丸馬出しから、本郭への小口を撮影しました。

 右側が土塁、左が断崖です。

 武田の角馬出しへ続く・・・
 
 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード