FC2ブログ
HOME   »  2014年01月
Archive | 2014年01月

上香貫手城山(3) ~ 土橋と絶壁

 上香貫手城山の第3話です。

IMG_3749.jpg
 鉄塔のあるスペースです。これは郭と言うより近世の破壊跡ですね。

上香貫手城山①
*1578年、上杉謙信が急死しました。

 北条氏は、上杉家に送り込んだ上杉景虎を支援してくれるよう、同盟する武田勝頼へ要請しました。

 しかし、武田勝頼は、上杉景虎と敵対する上杉景勝を支援し、武田と北条は手切れになりました。

 1580年にこの地で武田と北条が合戦に及んだことを示す「天正八年武田・北条合戦図」が沼津市内の資料館に存在するとのことです。


IMG_3750.jpg
 「C」の郭はこのような大藪で良くわかりませんでした。

 しかし、三つの尾根の中心にあたることから櫓が組まれるなど、司令部的役割を果たしたと思われます。

 この後、東側の尾根を下って行きました。

IMG_3754.jpg
 「E」の郭です。先人の図面によるとこの下にも郭があるようですが、藪の密集度が酷く、先に進むことはできませんでした。

IMG_3757.jpg
 「E」から「D」への土橋を撮影しました。「D」はアングルから外れて更に上の方です。

 土橋自体も登り坂になっており、大変厳しい防御です。

IMG_3752.jpg
 土橋の南側はこのようにえぐれており、迂回はまったく不可能です。

IMG_3753.jpg
 同じ場所でアングルを修正すると、隘路が視野に入ります。

 あの道を武田軍が侵攻してきたのでしょうか?

 「上香貫手城山第4話・敗戦と陥落」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード