HOME   »  2013年11月
Archive | 2013年11月

玉内館(3) ~ 安保系玉内氏

 玉内館の最終話です。

DSCF2311.jpg
 城域の東方に入りました。大規模に耕作されています。

 「出郭?」ですが、写真手前の方までつながっていて、「本郭」を守る位置づけになっていたのかもしれません。

玉内館
 本郭周辺は藪が激しく、確認できない部分もありましたが、詳細地形図をもとに堀を記載しました。

 「よねしろ考古第4号」によりますと、安保系玉内氏の居城であるということです。

 玉内館は、成田系長内氏の 「長内館」 と構造が類似しています。

 成田氏と安保氏は婚姻関係で強く結ばれていましたので、交流が深く、築城理論も共有していた可能性を感じます。

DSCF2313.jpg
 「E」から見た「二郭」です。手前に堀が若干残っています。

DSCF2315.jpg
 「二郭」と「神社郭」を隔てる堀です。幅の広い立派な堀なんですが、写真にするとよくわかりませんね。

 申し訳ありません。

DSCF2312.jpg
 「三郭」から見た「二郭」の塁壁です。

*朝5時にホテルを出て、この時点で6時20分だ・・・

 7時からはホテルで朝食バイキングがある・・・

 良きパパとして、女房と娘の前に現れなければならない・・・

 そろそろ戻らねば・・・

 この藪を登ったら、服も靴もドロドロになるだろう・・・

 やめておいた方がいい・・・

 でも、登りたい・・・


DSCF2316.jpg
*誘惑に負けた私は、「二郭」に到達しました。

 更に「本郭」を目指しましたが・・・

DSCF2317.jpg
 大藪に阻まれて断念。せめて写真を撮りましたが・・・

 よくわからない写真になってしまいましたので、白線で補正しました。

 大藪でしたが、「二郭」より「本郭」が高いこと、間の堀の幅は10メートル以上あることはわかりました。

DSCF2318.jpg
*誘惑に負けた代償・・・ おろしたてのジョギングシューズが・・・

 鹿角市は、過疎化が進んでおり、今後も藪に沈む城が増えていくことでしょう。

 さびしいですね・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード