HOME   »  2009年10月
Archive | 2009年10月

神奈川河村城① ~ 南朝の拠点とナル

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成21年10月18日、お城仲間のKさん&Mさんと、河村城に行ってきました。

 河村城は、神奈川県足柄上軍山北町、JR御殿場線山北駅南方約500メートルにあります。

カラープレビュー

 現地配布資料によりますと、12世紀末、秀郷流藤原氏の一族波多野遠義の次男河村秀高が築城したのではないかとのことです。

 南北朝期に、南朝の拠点として6000騎が籠ったとのことですから、当時から現状程度の規模があったと推察いたします。

 91017 034

 河村城は史跡公園として整備され、駐車場やトイレも完備し、遊歩道も整備されています。

 鎌倉期末、新田義貞は鎌倉府を陥落させ、後醍醐天皇の「建武の新政」に協力しますが、足利尊氏の謀反により、戦死・・・
 後醍醐天皇は、吉野に逃れ南朝を設立します。

 1532年、後醍醐天皇は北朝倒滅の檄を飛ばし、新田義貞の次男、義興はこれに呼応、上州を発すると、相模にて三浦氏と合流、鎌倉を占拠、河村城に兵を置き西方への備えとしたのでした。

91017 036

 始めに、目に入るのは、小郭と茶臼郭の間の畝堀です。

 しかし、足利尊氏が大軍を率いて鎌倉に迫るとの報が入り、新田義興は鎌倉を放棄して、河村城を最終防衛拠点とします。
 翌、1533年、河村城を支えきれぬと判断した新田義興は城を抜け、河村城は落城、河村秀国は戦死したとのことです。

91017 044

 茶臼郭へ登る途中に撮影しました。中央が、小郭、奥が本城郭です。

 北朝の手に落ちた河村城には、畠山国清が入ります。
 新田義興は、上州に戻り、力を蓄えることになりました。

91017 038

 茶臼郭に着きました。解説石があります。

 北朝方は新田義興の力を恐れ、一計を案じます。

91017 042

 茶臼郭には、何段かの腰郭が付属しています。

 北朝方は、配下の竹沢氏と江戸氏に偽りの寝返りを指示します。
 竹沢氏と江戸氏は、新田義興に近づくと、こうササヤキマス・・・
 私どもは、畠山国清に恨みがあります。
 畠山国清討伐の大将となってください・・・

 畠山国清の没落へ続く・・・ ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード