FC2ブログ
HOME   »  書籍
Category | 書籍

観応の擾乱 ~ 足利尊氏の覚醒


 五遁です。

 亀田俊和著 「観応の擾乱」を拝読しました。

 観応の擾乱についての以前の印象は、「ごちゃごちゃしすぎてよくわからん!」でしたが、この本を拝読した後は足利尊氏覚醒の物語であると感じました。

IMG_20180825_063321.jpg

 足利尊氏は、戦に際しては天才的な才能を発揮したが、他の点では、まったくのトンチンカンだった。

 弟の直義と、執事の高師直に依存し、政務を二人に丸投げしていた。

 あっちに頼られるとあっちにふらふら、こっちに頼られるとこっちにふらふら・・・

 節操がない行動に終始していた。

 観応の擾乱の過程で、高師直と弟直義を失うと、足利尊氏は誰にも依存できなくなった。

 ここに至り、足利尊氏は覚醒し、自立した将軍になった。

 南朝の一斉蜂起を撃退し、直冬の京都乱入を退け、鎌倉府と室町府による日本分割統治システム敷き、室町時代の礎を確かなものとしたというように理解すると、筋が通ってとらえることができる・・・

 個人的感想でした。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト

天下分け目の関ケ原合戦はなかった


 五頓です。

IMG_20180812_165315.jpg

 「天下分け目の関ケ原合戦は無かった」を購入しました。

 半日で一気に読み終えてしまいました。

 通説の関ケ原合戦は、江戸時代の小説「軍記物」による創作である。

 当時の書状等リアルタイムの信用できる資料を紐解き、真実を解き明かす。

 著者の研究の成果がまとめられています。

 歴史マニア必見の一冊だと思います。

 ホームページ 「土の城への衝動」

マンガで読む真田三代 ~ 入門書に最適!

 五遁です。

 本日は、真田関連書籍の紹介です。

 「マンガで読む真田三代」です。

 平山優先生の「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」は私にとって神書なので

  平山優先生の監修であるとなれば買わずにはいられません。

sIMG_20160219_212544

 実にシンプルで、面白いです。

 歴史に興味はなかったけど、真田丸は面白いね!といった初心者の皆様の入門書に最適です。

 個人的には・・・

 幸村のお兄さん・・ 信之の・・・ お嫁さん? 監視役? コントローラー?・・・

 徳川四天王「本多忠勝」の娘にして、徳川家康の養女「小松姫」のトンでもエピソードがツボにはまりました。

 沼田城門での、昌幸ハネツケ伝説だけではなかったんですね。

 お茶目な人は大好きです!

 詳しくは、ご購入の上、お楽しみください。

 大河ドラマ「真田丸」楽しんできましょう!

 ホームページ 「土の城への衝動」

大河ドラマ「真田丸」時代考証担当者

 五遁です。

 またまた、真田関連グッズの紹介です。

sIMG_20160105_184117.jpg

 大河ドラマ「真田丸」時代考証担当者、平山優先生による「真田三代」です。

 真田を取り上げれば売れると思って、歴史素人が誤認だらけの本を出すケースが多いのですが・・・

 この本は、そんな浮かれたものとは全く違います。

 この本は本物です。

 最新の歴史研究をもとに記されています。

 リンクさせていただいている「丸馬出」様から教えていただきました。

 買って良かった!

 「丸馬出」様、ありがとうございました。

 お勧めです。

 ホームページ 「土の城への衝動」

戦国最強軍団 真田六文銭合戦記

 五遁です。

 またしても真田関連グッズの紹介です。

sIMG_20151226_092435.jpg

 「戦国最強軍団 真田六文銭合戦記」

 真田の立場を、現在の会社組織で表現するなら・・・・といったわかりやすい視点で記されています。

 決して主観的にならず、多方面の資料を併せて紹介している点も好感が持てます。

 真田氏が、元々は真田郷のごく一部を領するだけの小豪族であり、海野氏の嫡流であるというのは、「でっちあげ」であることにも真摯に触れています。

 名胡桃城が、何故、真田墳墓の地であるのかについても、考察されています。

 なかなかの良著であると感じています。

 ホームページ 「土の城への衝動」
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード