HOME

 土の城と、福祉などについて、ひとりごとを・・・

カテゴリ

桜城(3) ~ 武田の追加普請か?

 桜城の第3話です。

IMG_7366.jpg

 「E」の先には、堀2があります。

IMG_7367.jpg

 堀2の先は、すぐに堀1です。

IMG_7368.jpg

 堀1の向かって右側。

IMG_7369.jpg

 堀1の向かって左側。

s桜城

 図の手前側と、奥側で技法が違います。

 奥側が武田の追加不普請でしょうか?

IMG_7371.jpg

 本郭の入り口です。

 獣害を防ぐために、入ったら必ず戸を閉めるように書いています。

 本郭の紹介を最後にしたいので・・・

IMG_7381.jpg

 K郭

IMG_7385.jpg

 J郭

 「桜城第4話・武田滅亡とともに廃城」へ続く・・・・

ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト

桜城(2) ~ 連続堀切

 桜城の第2話です。

IMG_7358.jpg

 「C」と「D」の間には、土塁があります。

 土塁越しに、攻城兵へ射撃を加えることができます。

IMG_7359.jpg

 堀4を見下ろしました。

 かなりな堀幅であることが伝わるでしょうか?

IMG_7361.jpg

 土塁の脇を抜けて、「D」へ向かいます。

s桜城

 本郭背後の普請量は膨大です。

 金刺氏没落後、外部勢力による追加不振が行われた可能性を感じます。

IMG_7362.jpg

 「D」郭の先は・・・

IMG_7363.jpg

 堀3です。

IMG_7364.jpg

 堀3の北西方向。

IMG_7365.jpg

 「堀3」を渡って、「E」に入りました。

 「桜城第3話・武田の追加普請か?」へ続く・・・

ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

桜城(1) ~ 下社秋宮を統べる

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年12月2日、お城仲間のМさんと桜城に行ってまいりました。

下社アク

 長野県諏訪郡下諏訪町横町、下社秋宮を見下ろす尾根の先端にあります。

 下社を司った金刺氏の城ではないかと推察されているそうです。

IMG_7346.jpg

 城内まで、車で登ることができます。

IMG_7348.jpg

 「P」の上に帯郭があります。

IMG_7350.jpg

 車を停めた「P」から登り始めると、すぐに堀4です。

 藪で判りにくいのですが、かなりな堀幅です。

s桜城

 先人の図面から起こしました。

 本郭の背後を四重に堀切っています。

IMG_7350.jpg

 堀底を登ってきた攻城兵へ、二方向から攻撃を仕掛けることができます。

IMG_7352.jpg

 「A」郭

IMG_7353.jpg

 「B」郭

IMG_7354.jpg

 「C」郭に登ってきました。

 左側が本郭方向です。

IMG_7355.jpg

 「C」郭から、本郭方向を撮影しました。

 斜面に堀が刻まれているのですが、笹藪でよくわかりませんね。

 「桜城第2話・連続堀切」へ続く・・・

ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

諏訪大社下社秋宮 ~ 日本最古の神社

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年12月2日、お城仲間のМさんと諏訪大社下社秋宮に行ってまいりました。

下社アク

 長野県諏訪郡下諏訪町上久保にあります。

IMG_7491_20171217142031fd4.jpg

 諏訪大社は日本最古の神社のひとつであるとされています。

IMG_7492.jpg

 鳥居です。

 諏訪大社には、下社春宮、下社秋宮、上社前宮、上社本宮があります。

IMG_7493_20171217142948db5.jpg

 杉の大木があります。

IMG_7494_20171217143110e4b.jpg

 樹齢6~7百年だそうです。

 小枝を煎じて子供に飲ませると、夜泣きがやむと言い伝えられているそうです。

IMG_7495_20171217143440440.jpg

 神楽殿の注連縄が太いですね。

IMG_7497_20171217143751155.jpg

 神楽殿の奥には、幣拝殿があります。

IMG_7503_201712171442449ed.jpg

 幣拝殿の左右には、シンメトリーで片拝殿があります。

IMG_7504.jpg

 これですね。

IMG_7499_2017121714443636c.jpg

 幣拝殿に施された木彫が有名であるそうです。

IMG_7501_20171217144617599.jpg

 こちらですね。

IMG_7505_20171217144650790.jpg

  幣拝殿には鏡が祀られていました。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」

高島城(3) ~ 誰が為に

 高島城の最終話です。

IMG_7317.jpg

 本丸内から天守を見上げました。

*高島城を築城した日野根高吉は、関ケ原の戦いでは東軍につきましたが、戦いの前日に亡くなってしまいました。

 子の吉明が継ぎました。

 一方、諏訪頼水は関ケ原の戦いで功績を上げました。

 徳川家康は名家好きです、諏訪氏は全国の諏訪神社を束ねる諏訪大社を祀る神官の家系です。

 その神官の家系を諏訪の地に戻す・・・

 戻してやったのは徳川家康だ!

 家康の評判が上がることを狙ったと思います。

 日野根氏は関東へ移され、諏訪頼水が諏訪に入りました。

 日野根さんは、諏訪さんにあげるために高島城を作ったようなものですね。


IMG_7318.jpg

 天守へ登っていきます。

*諏訪高島藩は、諏訪氏を藩主として、幕末まで続きました。

IMG_7334.jpg

 天守の内部は展示スペースになっています。

IMG_7333.jpg

*明治維新後の廃藩置県で高島城は廃城となり、建築物は撤去されてしまいました。

 しかし、諏訪の人々の高島城への思いは強く、昭和45年に天守や隅櫓などが復元され、現在に至ります。


IMG_7337.jpg

 復元模型が展示されています。

IMG_7340.jpg

 天守の最上階から、景色を眺めることができます。

 本丸公園です。

IMG_7343.jpg

 北西の塩尻峠方面。

 あそこに布陣する小笠原長時の軍勢を、武田信玄が撃破したんですよね。

IMG_7338.jpg

 本丸北側の堀。

IMG_7324.jpg

 北側の堀からの天守でお別れです。

ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード