HOME

 土の城と、福祉などについて、ひとりごとを・・・

カテゴリ

井平城(4) ~ 背後の不安

 井平城の最終話です。

IMG_0633_20160715142414a97.jpg

 2話で紹介した解説版の向かいに、矢印があります。

 行ってみましょう!

IMG_0635.jpg

 旧鳳来寺街道に戻ります。

 更に登って行くと・・・

IMG_0636_201607151426175ef.jpg

 本郭の小口とおぼしき場所があります。

 更に登って行くと・・・

IMG_0643_20160715142709e17.jpg

 本郭の背後に、低い土塁がありました。

 背後から敵が攻めてきたら、ひとたまりもありませんね。

 それとも、土塁の右側には、往時、深さ10メートルの堀があったのでしょうか?

井平城

 本郭の背後には尾根があり、本郭を見下ろすことが出来るようになっています。

 ここが北信濃なら、連続堀切りを普請するところですが・・・

IMG_0641.jpg

 何も・・・ ありません・・・

 さて、本郭は個人宅となっており、撮影を自粛しておりましたが・・・

 同行のMさんが、農作業をされている地主さんに撮影の許可を戴いて下さいました。

 地主さん有り難うございます。Mさん有り難うございます。

IMG_0608.jpg

 お言葉に甘えて、お邪魔します。

IMG_0645.jpg

 本郭から見た西郭。

IMG_0621_20160715143532911.jpg

 南から見上げた、西二郭と西郭。

IMG_0644_20160715143612cec.jpg

 地主さん宅のすぐ西側に鎮座する、城址碑の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト

井平城(3) ~ 横堀と竪堀

 井平城の第3話です。

IMG_0612.jpg

 「F」から、南西方向を振り返りました。

 イメージ図には、堀と土塁として描きましたが、通路のようにも見えます。

IMG_0623.jpg

 「F」から北西方向を撮影しました。

 左側の通路?は一段高くなり・・・

 土塁は右下へ下っていきます・・・

IMG_0624_201607151410294cc.jpg

 「F」から「E」方向を撮影しました。

 「E」で右へ大きく曲がっています。

 狭い通路を進む攻城兵へ、頭上攻撃する防衛計画なのでしょうか?

井平城

 それとも、谷筋を登ってくる攻城兵へ頭上攻撃をするための足場が通路なのでしょうか?

IMG_0625_2016071514155250f.jpg

 「E」を曲がった先にも通路は続いています。

 「岸」の表示が阿ありますね。

 登りにくいように斜面を切り立たせる切り岸のことですね。

IMG_0609.jpg

 「D」に至り、南を見下ろしました。

 竪堀があります。

IMG_0628_20160715141753e5f.jpg

 同じ場所から、二郭を見上げました。

 竪堀を登って行くと、堀は・・・

IMG_0630.jpg

 横堀になります。

 「井平城第4話・背後の不安」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」

井平城(2) ~ 谷筋の不思議な遺構

 井平城の第2話です。

IMG_0603.jpg

 舗装道路に合流しました。

 道路設置により、地形が改変されているようです。

 写真の左上に・・・

IMG_0607.jpg

 井平氏は、井伊家七代目の時に分家したと記されています。

 この看板から若干、南へ下った場所に・・・

IMG_0604.jpg

 堀と土塁があり、遺構観察用の道が整備されています。

 下のイメージ図ですと「C」の場所です。

井平城

 尾根上は耕作による改変が著しいのですが、谷筋には遺構が残っています。

 谷底へ移動します。

IMG_0614_2016071507501195d.jpg

 「H」の郭です。

 楕円形の土塁と堀に三方向を囲まれています。

 この場所を守ることにかなりの情熱が傾けられています。

IMG_0616_2016071507515406d.jpg

 「G」堀です。

 「G」の左側の尾根には手が加えられておらず、尾根筋を登れば、遮るものなく西二郭へと到達できます。

 西二郭より「H」の防御を優先しています。

 不思議ですね~

 「H」付近に水の手があったのでしょうか?

 それとも、「H」と三郭の間の谷筋に、搦め手があったのでしょうか?

IMG_0617.jpg

 「G」を上り詰めると、竪堀が横堀になっています。

IMG_0613_201607150758155ee.jpg

 横堀から、「H」を見下ろしました。

 あまり「H」の守りの足しになっているようには見えませんね~

 不思議です。

 「井平城第3話・横堀と竪堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」

井平城(1) ~ 井伊氏分家

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成28年7月2日、お城仲間のМさんと、井平城(いだいらじょう)に行って参りました。

井平アク

 井平氏は、井伊家の分家で・・・

 大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公井伊直虎の、おばあちゃんと、ひいおばあちゃんを輩出した家であるということで、観光用に整備されたようです。

IMG_0591.jpg

 真新しい案内表示です。

IMG_0592.jpg

 駐車場もあります。

 ありがたいことです。

IMG_0594.jpg

 井平城は、旧鳳来寺街道を内包しています。

 鳳来寺は往時強い信仰の対象でした。 過去の紹介記事 ⇒ 鳳来寺

 徳川家康の両親も参拝したということです。

 街道は、参拝者で大変賑わったことでしょう。

IMG_0595.jpg

 400年前、この道を多くの人が通っていたのでしょうね。

IMG_0599.jpg

 矢竹の表示があります。

 戦国時代、正式な弓が尽きたとき、代用品として使用されたようなことが書かれています。

IMG_0598.jpg

 イメージ図が掲示されています。

 ここは大手門跡であるそうです。

IMG_0597.jpg

 左側に大手門跡の表示があります。

井平城

 現地掲載イメージ図に対抗して、私もイメージ図を描いてしまいました。

 藪でわからない場所も多かったので、あくまでもイメージとして御覧ください。

 「井平城第2話・谷筋の不思議な遺構」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」

井平氏居館跡 ~ 井伊直虎のおばあちゃん

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成28年7月2日、お城仲間のМさんと井平氏居館跡に行ってきました。

 静岡県浜松市北区引佐町井平にあります。

IMG_0586.jpg

 井平集落の中心部、小学校跡の前に、観光絵地図が掲示されています。

IMG_0585_20160714101933a59.jpg

 井平氏居館跡と、井平城のイメージ図も掲示されています。

 平時は居館におり、戦時に城へ籠ったのでしょうか。

井平アク

 上掲の観光絵地図には、井平城観光用駐車場が記されていませんでした。

 そこで、地理院地図に落とし込みました。

IMG_0587.jpg

 井平氏は、井伊氏の分家で、密接な関係にあったそうです。

 井伊宗家没落後もどうにか家を保っていましたが、仏坂の戦いで多くの戦死者を出し、一時、途絶えてしまったということです。

IMG_0589.jpg

 一段高くなっている場所が、居館跡のようです。

IMG_0588.jpg

 予算の無い中、作成された担当者の熱意が伝わってきますね。

 大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公は。井伊直虎です。

 その直虎のおばあちゃんと、ひいおばあちゃんが生まれた場所であるということです。

IMG_0590.jpg

 別角度からの写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
プロフィール

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード