HOME

 土の城と、福祉などについて、ひとりごとを・・・

カテゴリ

狐ヶ城(2) ~ まとまりはある

 狐ヶ城の最終話です。

IMG_2931.jpg

 三郭です。

IMG_2932_20170111104009437.jpg

 二郭です。

IMG_2933.jpg

 郭と郭の段差が、50センチもありません。

 古い様式ですね。

IMG_2934.jpg

 本郭です。

 さほど見どころの無い城ですから、荒れてしまうのは仕方がないことですね。

狐ヶ城

 防御性は高くないものの、まとまりのある郭配置ではありますね。

 佐久には、だだっ広い崖端城と、コンパクトな山城とがありますね。

IMG_2935_20170111105138f65.jpg

 四郭には、直径1Mほどの窪みがあります。

 井戸跡でしょうか?

 それとも、二郭への登り口を狭めるための落とし穴でしょうか?

IMG_2939.jpg

 四郭と五郭の間には、竪堀が食い込んでいます。

 (郭名は勝手につけています)

IMG_2937.jpg

 五郭は細長く、奥の方で・・・

IMG_2940_20170111105449e08.jpg

 堀切っぽくなっています。

IMG_2924_20170111105514684.jpg

 西からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト

狐ヶ城(1) ~ 古い形式

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成29年1月1日、お城仲間のМさんと狐ヶ城に行って参りました。

羽場城アク

長野県上伊那郡辰野町樋口にあります。

*僅かな伝承が残るようですが、正確なところは不明のようです。

IMG_2946.jpg

 県道19号沿いに、樋の沢の石柱があり、目印です。

*戦国期の改修を受けた様子がなく、この地方の古い山城の形式を今に残す、貴重なサンプルであると思われます。

狐ヶ城アク

 石柱から、東側へ向けて移動していきます。

*私は、到達方法がわからず、無駄に山中を徘徊しましたので、後から訪問される皆様が苦労されないよう、第一話は到達方法に費やします。

IMG_2945.jpg

 道が山にぶつかったら、左です。

IMG_2944.jpg

 左に曲がるとすぐに分岐点があります。

IMG_2943.jpg

 数分はこんな藪なので不安になりますが、やがて・・・

IMG_2942_2017011110321885f.jpg

 幅広の快適な登りとなります。

IMG_2928.jpg

 土橋です。

狐ヶ城

 狐ヶ城と、南側の丘陵の接点を土橋とし、防備を固めたと思われます。

IMG_2929.jpg

 土橋を渡ったら、あとは、右側の上の方へ適当に登っていきます。

 「狐ヶ城第二話・まとまりはある」へ続く・・・
 
 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

刑部城(2) ~ 小口表示あり

 刑部城の最終話です。

IMG_2542.jpg

 二郭には、神社が建っています。

IMG_2543_20161208135241705.jpg

 二郭の北西方向には、三郭があります。

(郭名は勝手につけています。)

a刑部城

 防御構想としては・・・

 南と書いた場所から攻城兵が進んでくると、本郭からの頭上攻撃と居館からの正面攻撃。

 攻城兵が「B」へ登ろうとすると「B」と「二郭」から挟撃 + 「三郭」からの伏兵といったところでしょうか?

 しかし、攻城側が大軍で、本郭を直接我攻めしたら、ひとたまりもないと思われます。

IMG_2545_20161208140032cfe.jpg

 「B」に登り着きました。

IMG_2546_201612081401005fc.jpg

 「B」から、本郭への登り口。

IMG_2547.jpg

 本郭の入り口は、半桝形小口となっています。

 ささやかな「小口」表示が哀愁を誘います。

IMG_2548_201612081402041d4.jpg

 本郭内部は、踏査不能でした。

IMG_2554.jpg

 北東からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」

刑部城(1) ~ 井伊谷三人衆攻城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成28年12月3日、お城仲間のМさんと刑部城に行って参りました。

B堀川アク

 静岡県浜松市北区細江町中川5646にあります。

IMG_2551.jpg

 刑部城は、独立した小高い丘の上に築かれています。

 写真は本郭の北側の塁壁です。

IMG_2552_20161208133234a45.jpg

 今川家の管轄城でしたが、1568年に徳川家康が攻め落としています。

 往時は三方を川に囲まれた要害であったということです。

IMG_2553.jpg

 現在は流路が変更され、お城からちょっと離れた北側に川が流れています。

IMG_2550.jpg

 解説版を後にして、本郭の南側へ回り、塁壁を見上げました。

 市道を東へ進むと・・・

IMG_2540_201612081337135b9.jpg

 「おんな城主直虎ゆかりの地」の登り旗があり、車を停めてもよさそうなスペースがあります。

 何故、ゆかりの地なのかというと・・・・

 刑部城攻めの頃、おんな城主直虎の・・・井伊直虎さんは、今川家の策略によって、没落させられており、旧井伊領は小野氏の下で「伊井谷三人衆」と呼ばれる武将が治めていたようです。

 家康は、刑部城攻めに先立って、「伊井谷三人衆」を味方に引き入れ、「伊井谷三人衆」は城攻めに加わりました。

 その後、おんな城主直虎の・・・井伊直虎さんは、井伊直政を徳川家康へ引き合わせ、家康は井伊直政を家臣にしました。

 井伊直政は、出世街道を驀進し、徳川家康は「伊井谷三人衆」を直政の配下としました。

 ・・・といった経緯があり、ゆかりの地とされたようです。

IMG_2549.jpg

 館跡の表示があります。

a刑部城

 イメージ図には、居館と記しました。

 イメージ図では、三方が川で囲まれていたころを推定して描きました。

IMG_2541.jpg

 本郭と二郭を隔てる堀切です。

 「刑部城第2話・小口表示あり」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」

刑部砦 ~ 信玄宿営伝説

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成28年12月3日、お城仲間のМさんと刑部砦に行って参りました。

B堀川アク

 静岡県浜松市北区細江町中川にあります。

 天竜浜名湖鉄道気賀駅付近から、県道261号線を南東に進み

 三方ヶ原台地を登り切ったあたりの、左側に・・・

IMG_2560_20161205142331a74.jpg

 史跡と彫られた石碑があります。

IMG_2561_2016120514240781c.jpg

 石碑の裏側には・・・

 武田信玄が西上の途中に、三方ヶ原合戦で勝利したあとに宿営した場所と伝えられています的なことが記されています。

刑部砦

 史跡碑のある場所から、更に北へ進んだ場所・・・

 赤で囲った部分が「静岡県埋蔵文化財包蔵地システム」の示す、城跡認定部分です。

 武田軍2万5千は、この付近一帯に宿営したでしょうが、大将である信玄は万が一に備え、要害の地を選んで宿営したと思われます。

 南側の台地と、城跡認定部分の接点には、幅3~5メートルの狭く細い地形が続いており、そこを堀切れば、十分な防御性を確保できたと思われます。

IMG_2556.jpg

 その幅の狭い部分です。

 両側は切り立っています。

 更に進むと・・・

IMG_2557.jpg

 西(左)側から谷が食い込み、台地を狭めているのが視認できます。

IMG_2558_201612051438318fd.jpg

 狭い部分から、広い部分へ進みます。

IMG_2559_20161205143601bac.jpg

 砦内は果樹園となっていました。

 短期の宿営だったので、それほど大規模な普請はされなかったことでしょう。

IMG_2555_20161205143723b4f.jpg

 北からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
プロフィール

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード