HOME

 土の城と、福祉などについて、ひとりごとを・・・

カテゴリ

大黒山城(2) ~ 古墳活用

 大黒山城の第2話です。

 IMG_4822.jpg

 三郭から、二郭方向を見上げました。

 「D」から「C」にかけての腰郭が斜めになっているのは、何か意図があるのでしょうか?

IMG_4823.jpg

 二郭に上りました。

 堀越しに本郭の塁壁が望めます。

s大黒

 比較的単純な作りですが、それは、古墳を活用していることに原因がありそうです。

IMG_4824_20170610084423045.jpg

 二郭には、古墳の石室が歴然と残されています。

 霊の安らかさと平和を願って構築された古墳が、戦争のために活用されようとは、太古の昔の方は夢にも思わなかったことでしょう。

IMG_4825.jpg

 堀底からの本郭塁壁のアップ。

IMG_4826.jpg

 堀切の向かって右側。

IMG_4827.jpg

 堀切の向かって左側。

 結構、先まで続いています。

 右側に「B」への登り口が見えますね。

IMG_4828.jpg

 「B」の腰郭は、結構幅が広いです。

IMG_4830.jpg

 「B」の腰郭の奥のほうで、右へ巻き付きながら登る通路があり・・・

IMG_4813.jpg

 「A」郭へ達します。

IMG_4814.jpg

 本郭も広く、駐屯重視の城であったことがうかがえます。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト

小野政次供養塔 ~ 井伊家家老

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成29年9月23日には、小野屋敷跡、蟹淵処刑場、小野政次供養塔に行ってまいりました。

小野政次

 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷にあります。

 小野氏は、井伊家の家老でありましたが、井伊氏が使えていた今川家の側に立ち、井伊家の勢力をそぐ役割を持っていたとされています。

 井伊家の当主が、小野家の讒言を受け、今川家により殺されてしまったとの話もあります。

IMG_6912_2017092405455043d.jpg

 大河ドラマ「おんな城主直虎」では、直虎に仕えた小野但馬守政次が大変な人気となっているそうです。

 昨年、井伊谷を訪問した時には気が付かなかったのですが・・・

IMG_6911.jpg

 こちらが小野家の屋敷跡地であるということです。

 井伊家の家老であるから当然なのですが、井伊氏の居館跡地と近いですね。

 徒歩数分です。

 家老だから近いところに住むのは当たり前なのですが、井伊家当主を讒言で殺した人たちと、井伊家の人たちがこんなに近くで生活を続けていたとしたら・・・

 考えたくもない毎日ですね・・・

IMG_6916_2017092405523174e.jpg

 さて、井伊家は今川家の圧力により、没落し、小野政次が井伊領を支配することとなりました。

 しかし、その直後・・・

 今川家に反旗を翻した徳川家康が井伊領へ侵攻し小野政次は捉えられ、蟹淵処刑場にて殺されてしまいました。

 井伊谷川にかかる、この北岡橋から北方が蟹淵と呼ばれているということです。

IMG_6917_2017092405572501b.jpg

 北側の風景です。

 地元の方のお話ですと・・・

 処刑場が何処だったかはわかっているのだが・・・

 何処だったかは、言ってはいけない掟となっているそうです。

 上の写真の風景の何処かではあるようです。

IMG_6915_201709240601375ed.jpg

 大河ドラマ開始後、設置された案内板のようです。

IMG_6913_2017092406024092a.jpg

 真新しい「小野但馬守政次終焉の地」の表示もあります。

IMG_6914_20170924060453af1.jpg

 中央が小野政次の・・・

 両脇が2人の子供の供養塔であるということです。

 大河ドラマでは・・・

 小野政次は妻帯していなかったように描かれていましたが、実際には二宮神社を司る中居家から嫁をもらい、2人の子を設けていたそうです。

 そして、子らも政次とともに処刑されたということです。

 戦国の世は非情ですね。

IMG_6892_2017092406091671f.jpg

 大河ドラマ館で撮影した・・・

 小野政次役、高橋一生さんのパネルの写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡」 > 「おんな城主直虎」

大黒山城(1) ~ 武田防衛ライン

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年4月8日、ブログ「らんまる攻城戦記」オーナー「らんまる」さんのご案内で、大黒山城に行ってまいりました。お城仲間のМさんも一緒です。

旭山城アク

 長野県長野市平芝にあります。

 大黒山城の創始は不明ですが、第二次川中島合戦時には、小柴見城とともに、旭山城の支城としての役割を担っていたとされています。

IMG_4808.jpg

 市道から脇道へ入り、ご覧の道を進んでいきます。

IMG_4810.jpg

 見えてきました右側の山です。

IMG_4811.jpg

 左側の石垣の上には、羊さんがいらっしゃいます。

IMG_4812.jpg

 羊さんに背を向けて、登っていくとすぐ、本郭に着いてしまいます。

 だので、本郭から遠い場所から、レポートを開始します。

s大黒

 図面の右下が、敵方の勢力圏です。

 だので、右側からレポートを開始します。

IMG_4818.jpg

 「J」の、堀っぽく窪んでいる場所です。

IMG_4819.jpg

 「J」から見上げた二郭方向です。

IMG_4820.jpg

 段々になっている部分です。

IMG_4821.jpg

 三郭の土塁には「G」の開口部があり、小口だったのではないかと推察します。

 「大黒山城第2話・古墳活用」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

旭山城(13) ~ 謙信再興

 旭山城の最終話です。

 今度は本郭の南側に来ました。

IMG_4763.jpg

 南三郭です。

IMG_4761.jpg

 南三郭から見下ろした、南四郭。

IMG_4765.jpg

 南二郭に来ました。

旭山城南

 南二郭と本郭の間に、つなぎの段があったのではないかと感じ、描いてみました。

IMG_4766.jpg

 南二郭を横から撮影しました。

IMG_4767.jpg

 南二郭内を北側へ移動すると、北大堀切が見えてきます。

IMG_4759.jpg

 本郭に入りました。

 IMG_4760.jpg

 解説版です。

 旭山城は破却されましtが、その後、上杉謙信により再興されました。

 しかし、再び武田の手に落ちます。

 武田が、海津城を築き川中島の拠点とすると、旭山城は戦略的価値を失い、廃城となったと推察されます。

IMG_4831.jpg

 大黒山城から見上げた、旭山城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」

旭山城(12) ~ 東大堀切

 旭山城の第12話です。

IMG_4798.jpg

 東二郭に入りました。

IMG_4799_20170514140300634.jpg

 東大堀切から本郭を撮影しました。

 間に東大堀切があるのですが、この写真だとよくわかりませんね。

IMG_4770.jpg

 この写真だとわかるでしょうか?

 破却時に埋められている感じですね。

s旭山城東

 本郭の両側に大堀切があるのは、防御性を樹脂しての普請ですね。

IMG_4800.jpg

 東大堀切の南側。

IMG_4801.jpg

 東大堀切の北側。

 写真奥に・・・ 上杉の拠点葛山城の山すそが見えます。

IMG_4771.jpg

 本郭側から見た、東二郭。

IMG_4769.jpg

 少し角度を変えると、大堀切がくっきりと見えます。

 「旭山城第13話・謙信再興」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード